ダンボール1

事前にチェックを→引越し さいたま市内 料金

仕事を辞めたことで、県内での引っ越しをすることが決まり、そのまま恋人と同棲生活を送ることになりました。
仕事を辞め1か月程時間があったため、その間にスーパー等で段ボールをもらってきて、せっせと荷詰めを始めました。
ちょうど今年の冬に引っ越しを行ったので、着ない夏服や夏物サンダル等からどんどん詰めていきました。
詰め終わった荷物は、ちょくちょく遊びに来る恋人の車に積み、実家の方で預かってもらっていました。
今考えると、それが引っ越しを楽に出来たポイントだったのかなとも思います。
業者さんはサカイさんにたのみましたが、初めに指定していた物だけでなく、トラックに詰める分は全て持って行ってもらうことが出来ました。
退去日まではまだ時間があったのですが、早く新居に移り新生活をスタートさせたかったので、サカイさんに大きな家具類を預けた後、カーテンやカーペット、ぬいぐるみ等を車に詰め込み、新居の方に移動しました。
新居の方では恋人が待機していてくれ、サカイさんに支持を出してくれていてとても助かりました。
また、後日段ボールの開封を行ったのですが、事前に段ボールに「夏物、服」などと書いてあったため、スムーズに開封作業を行うことができました。
また、サカイさんから貰った段ボールだけでなく、自分でスーパーから貰って来た段ボールも全てサカイさんが回収してくれるとのことだったので、3日ほどで全て片付けることが出来ました。
事前に準備をしていただけでこんなにスムーズに引っ越しができるとはと自分でも驚きましたし、嬉しかったです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする