二人で部屋を借りて一ヶ月後に引っ越しをしました。
いろいろなところを見に行ったりして、最寄の駅から徒歩10分のアパートの一階に決めました。
間取りは2DKで日当たりも良好な静かな場所です。二人の貯金や、親からのお祝いで家具を揃えました。
私の荷物はそんなになかったので引っ越し業者には頼まず、両親にお願いして新居へ運んで貰いました。
あんな狭い部屋からものを出すだけでしたが、新居へ持ってくるとものすごい段ボールの数になりました。
夫の荷物は新居が近かった事もあり、大きい荷物(家電、タンス、PC)などは引っ越し業者に頼んで運んで貰い、後の細かいものは二人で運びました。
その後買った家具などが届いて家中業者さんだらけになってしまいました。
某家具店の配送の方は家具を組み立ててくれて、その後確認したら椅子のネジが一本足らずぐらぐらだったことがありました。
すぐに連絡して直してもらいましたが、仕事はちゃんとヤって欲しいやなぁとおもいました。
ある程度片付けたのち上の階と両サイドのお宅に引っ越しの挨拶をしてその日はしんどかったので外食しました。
初めて親元を離れたのですが、二人で住めるので、嬉しい気持ちと少し不安な気持ちと未来への希望で溢れていました!

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする