» 2018 » 1月のブログ記事

キーボード2

社会人になってから初めての本格的な引越し。引越しの作業自体全く慣れていない上、業者選びのノウハウも持っておらず、始めはどうすべきかかなり迷っていたものの、最終的にネットの一括査定を利用し、最寄りかつ最もリーズナブルなプランを選択する事が出来ました。
とにかく荷物を少なく最小限に留める心掛けだけは持っていましたので、引越し予定の数カ月前から要らないアイテムは全て中古買取に出すか処分に出すかしてしまい、依頼する段階ではかなり身軽になっていました。
それこそクローゼットとライティングデスク、そして最小限の家電と台所用品程度といったもの。単身プランでボックスの数も少なかったものの、余裕で収まってくれました。

引越しが決まったら→神戸 東京 引越し料金 相場
最低限小物の荷作りさえやっておけば、後は引越し業者のスタッフが手慣れた段取りで傷付けず家具や家電を運び出してくれます。引越し元も引越し先もマンションの比較的上階に位置しており、少々心配だったのですが、そんな心配も杞憂に終わり、距離が近かった事もあり午前中のうちに全ての作業が完了し助かりました。
午前に荷物の搬入が終わるとその後半日掛けてゆっくり荷ほどきや開梱、細かなレイアウトを進められますから大変楽。その日の夜のうちには部屋の大まかなインテリア配置が完了し、翌日以降に残す作業の量も最低限に抑える事が出来たのです。

二人で部屋を借りて一ヶ月後に引っ越しをしました。
いろいろなところを見に行ったりして、最寄の駅から徒歩10分のアパートの一階に決めました。
間取りは2DKで日当たりも良好な静かな場所です。二人の貯金や、親からのお祝いで家具を揃えました。
私の荷物はそんなになかったので引っ越し業者には頼まず、両親にお願いして新居へ運んで貰いました。
あんな狭い部屋からものを出すだけでしたが、新居へ持ってくるとものすごい段ボールの数になりました。
夫の荷物は新居が近かった事もあり、大きい荷物(家電、タンス、PC)などは引っ越し業者に頼んで運んで貰い、後の細かいものは二人で運びました。
その後買った家具などが届いて家中業者さんだらけになってしまいました。
某家具店の配送の方は家具を組み立ててくれて、その後確認したら椅子のネジが一本足らずぐらぐらだったことがありました。
すぐに連絡して直してもらいましたが、仕事はちゃんとヤって欲しいやなぁとおもいました。
ある程度片付けたのち上の階と両サイドのお宅に引っ越しの挨拶をしてその日はしんどかったので外食しました。
初めて親元を離れたのですが、二人で住めるので、嬉しい気持ちと少し不安な気持ちと未来への希望で溢れていました!

ダンボール1

事前にチェックを→引越し さいたま市内 料金

仕事を辞めたことで、県内での引っ越しをすることが決まり、そのまま恋人と同棲生活を送ることになりました。
仕事を辞め1か月程時間があったため、その間にスーパー等で段ボールをもらってきて、せっせと荷詰めを始めました。
ちょうど今年の冬に引っ越しを行ったので、着ない夏服や夏物サンダル等からどんどん詰めていきました。
詰め終わった荷物は、ちょくちょく遊びに来る恋人の車に積み、実家の方で預かってもらっていました。
今考えると、それが引っ越しを楽に出来たポイントだったのかなとも思います。
業者さんはサカイさんにたのみましたが、初めに指定していた物だけでなく、トラックに詰める分は全て持って行ってもらうことが出来ました。
退去日まではまだ時間があったのですが、早く新居に移り新生活をスタートさせたかったので、サカイさんに大きな家具類を預けた後、カーテンやカーペット、ぬいぐるみ等を車に詰め込み、新居の方に移動しました。
新居の方では恋人が待機していてくれ、サカイさんに支持を出してくれていてとても助かりました。
また、後日段ボールの開封を行ったのですが、事前に段ボールに「夏物、服」などと書いてあったため、スムーズに開封作業を行うことができました。
また、サカイさんから貰った段ボールだけでなく、自分でスーパーから貰って来た段ボールも全てサカイさんが回収してくれるとのことだったので、3日ほどで全て片付けることが出来ました。
事前に準備をしていただけでこんなにスムーズに引っ越しができるとはと自分でも驚きましたし、嬉しかったです。

今までに、4回引越しをしてきました。
1度目は正直あまり覚えていません。幼稚園にあがる少し前でした。
2度目の引越しは大学に受かり、大学近くのアパートに住むことになった時です。
大学近くといっても、大学が田舎にあったので、あまりに大学の近くはいやだなと思い、一駅離れた場所に決めました。
3度目の引越し先は一軒家でした。といっても1人で住むわけではなく、学生仲間とシェアハウスをしようという話になったのです。
家賃12万を3人で割って4万なので、アパートと同じくらいのお金で住めることになりました。
初めの内は楽しかったのですが、どうも段々住みにくいと思うようになりました。台所やお風呂を使う時間をある程度決めておけばよかったのだと思います。細々したことが結構気になるものだな、と感じました。それは他の2人も同じだったようで、卒業も近かったのでそこでシェアハウスは終わりにしました。
4度目の引越し先も一軒家でした。そこでは1人暮らしです。一軒家といってもそこまで広くはない家だったので、1人で住むには丁度良い家です。
4回の引越しの内、初めの1回は家族での引越しだったこともあり、引越し業者に頼んだと思います。ですが、それ以降は軽トラックを借りて荷物を運んでいました。
軽トラックでの引越しは、引越し屋さんに頼むのとは違って全部自分でしなければいけないので大変ですが、その分安くつきます。近場での引越しならなおさらです。
ただ、今の家からもそろそろ引越しを考えています。荷物も増えてきているので、次は引越し業者に頼もうかなと思っています。